霊園・墓苑

霊園は立地だけでなく、運営委母体もチェックする

墓地を買うには、
@住んでいる地域にある村の墓地
A菩提寺の寺院の敷地内のある墓地
B民間霊園の墓地
C公営霊園の墓地
から探すのが一般的のようです。

私は、まず知らずに新聞の折り込みチラシにあるBの民間霊園に話を聞きに行きましたが、
お墓の費用 トップページ
にあるようにここにはしませんでした。


ただ魅力的な部分もありまして、例えば

1.霊園全体がバリアフリーだった。
 ⇒駐車場や休憩所、墓地の通路など平坦で舗装がきれいだった
2.無料送迎バスがあった
 ⇒近くの主要な駅からマイクロバスが無料であった。
3.好きな区画を指定することができた。
4.明るくきれいな雰囲気だった。

など良い部分がたくさんありました。

ですが、石屋さんを選べないことと、やっぱり費用が割高な気がして・・・


費用が比較的かからない公営墓地

公営墓地は申し込み資格に注意!

墓地を買うにあたり、
@住んでいる地域にある村の墓地
A菩提寺の寺院の敷地内のある墓地
B民間霊園の墓地
C公営霊園の墓地
から探した私はBをあきらめ次の選択肢へ・・・。

@の村の墓地は祖母の田舎にそういった墓地があるのは知っていましたが、
少し疎遠になっていましたので見に行くこともありませんでした。

Aのお寺の中にある墓地は、私自身がお寺の檀家ではありませんでしたので、
一からお寺とのお付き合いをできる自信がなかったので、考えませんでした。

色々迷いはしましたが、費用の面などから結局Cの公営墓地にしました。

車で行かなければ交通手段があまりない点と、施設が新しくない点はマイナスですが、
年間に必要な費用がはっきりしている点と、好きな石材店でお墓を建てれる点が自分には
合っていました。

私は平日に時間を取ることができますが、私が決めた公営墓地は土曜日、日曜日、祝日は
手続きや電話対応をしていないので不便に感じる方も多いのではないでしょうか?
されていないようです。

また、申し込み段階で審査があるとこも多いようです。
例えば、住民登録の有無や、生前墓かどうかなど自治体によって違っています。

今回私がわかったこと|霊園選び

  • 墓地の運営形態を把握して自分に合った所を選ぶことが大切。
  • 家から近い墓地に越したことはない。
  • 霊園によっては自分が気に入った石屋さんが工事をできないことも。
  • 公営墓地は土日対応してくれないところもある。