老舗の石材店

石材店@ 老舗というが、ただ古いだけ??

私が住んでいる町にある石材店の支店がありました。

お墓を建てようと考えを持つまでまったく意識をしたことはありませんでした。

考えてみればお墓を建てること以外、石屋さんとは縁がないような気もしますので
当然意識なんてしないのでしょうが・・

とりあえず話を聞きに、近くのその石材店の支店へ行きました。
看板には『○○石材 創業120年』とありますが、人気がなく、入口もどこ??
といった感じでした。
人が中に見えたので話しかけてみると、そこは支店ではなく工場とのこと・・・


お墓を見に来たことを伝えると、営業マンがすぐに到着。
中を少し見せてもらうと、工場のなかに、何基かお墓が展示されておりました。

その展示場は暗くて、石に埃もかぶっていて展示場というよりは倉庫に近いものでした。
その営業マンは老舗の石屋さんだから信用してと、しきりに「老舗」を強調していましたが
私の妻に言わせると「ただ古いだけ」とバッサリ。


霊園運営に失敗?!!

資金繰りにも注意

その老舗の石材店は、他にも怪しいことばかりでした。

担当になった営業マン曰く「当社の基礎工事はほかの石屋さんより深く掘るので
あとからお墓が傾く心配はいりません。地核まで掘ってますから!」

今思えば冗談だったのかもしれませんが、真剣に話を聞いていたので
ふざけて言っているのか、本気なのかリアクションに困りました。
それとも地核ではなく地殻なのか??

別の石材店に話を聞きに行った時に、「その石材店は霊園運営に失敗して
資金繰りが苦しく、施工・営業の質が下がっていますよ」と聞きましたが、
話半分に聞いたとしても、納得してしまうくらい店も汚く、営業マンも?でした。

数ヶ月後、初めに訪ねた支店と思っていた工場が、更地になって売りに出されていました。

やっぱり、資金繰りが苦しいのは本当だったの??

今回私がわかったこと|石材店@の値段のまとめ

  • 展示場の石に埃がかぶっている石屋さんは選ばない方がいいかも。
  • 営業マンも調子がよすぎる人からお墓を買う気になれない。
  • 老舗だからという理由だけでは信用できない。
  • お墓を建ててからもメンテナンスすることがあるので経営に不安がないお店を選ぶ